【ウイルスに負けない】免疫力を上げよう③「ストレッチ」|灘区で美容院をお探しなら | 灘区の美容院CRESE(クレセ)

CRESE BLOG

【ウイルスに負けない】免疫力を上げよう③「ストレッチ」

こんにちは!

クレセ代表のカシクラです

 

僕は美容師として

毎日お客さまの

首・肩~背中をマッサージしています

 

それだけでなく

15年間、妻の身体も

ほぼ毎日のようにマッサージしてきました

 

実は

マッサージをすることが

とても好きなんです

 

妻の場合は

家でマッサージして

しかも、妻は全身がこっているので

 

首や肩、頭皮だけでなく

腰や、足の付け根の坐骨神経

足裏のツボ押しまで研究してやってきました

 

※有名な先生に質問して、教えてもらいました

 

その結果、その人の、こってるところと

マッサージして血流が回復していく様子が

指を通じてわかるようになりました

 

お客さまの場合は

着席のままマッサージするので

肩甲骨の下あたりまでが守備範囲になります

 

この場合の、

ほとんどの方の血流が滞ってこっているところ

を、ご紹介していきます

 

肩と背中の二か所です

① 腕の付け根の裏側

② 肩甲骨の内側

 

 

写真の、赤い●印が「腕の付け根」

ピンクの▲印が「肩甲骨の内側」

の、大体の位置です

 

ここのツボを押すとき

ほとんどの人がこっていて

「気持ちいい」もしくは「痛い」とおっしゃいます

 

共通するのは

本来は筋肉なので、柔らかいはずですが

骨のように硬くなっていることが多いです

 

血流が滞ってしまって

固まってしまっています

ほぐすと、段々柔らかさを取り戻していきます

 

そうすると

首筋がじーんとしびれたように感じたり

ポカポカと温まってきたり

 

要するに

固まってた血管が開放されて、血流がよみがえります

実はこのとき、なぜか僕の指もしびれたり、温かくなったりしてます

 

※これがおもしろくて、マッサージが好きなんです笑

 

マッサージはいいんですが

この二か所は、

自分の手が届かない場所です

 

人にマッサージしてもらえない場合(が、ほとんどですよね)

腕の付け根と、肩甲骨を動かしてあげる

必要があります

 

出来る範囲のことですが、意外と簡単です

子どものころを思い出してみてください

こんな場所、こんなにこってたでしょうか、、、

 

大人になるにつれて

ほとんどの人が「やらないこと」が出てきます

それは、「肩よりも上に腕を上げる」ことです

 

そんなこと??

 

でも、考えてみてください

大人が日常生活で「肩より上に腕を上げる」ことは

ほとんどないはずです

 

こっている二か所

「腕の付け根」と「肩甲骨の内側」

は、次のようなストレッチでだいぶ改善できます

 

① まず、

まっすぐ腕を上に伸ばして

伸びをしてください

 

※出来れば両腕とも、無理なら片方ずつ

 

血流が回復してくるような感じがしてくると思います

 

② それから

腕をグルグル回してください

出来れば、内側と外側と

 

 

③ 最後、

腕をガッツポーズのように、この↑形にしたまま

腰を左右に振ってください

 

これだけです

 

ポイントは、

このストレッチは

座ったままでも出来ます

 

パソコン仕事や

家事の途中

寝る前など

 

ちょっとした時間に

ちょっとずつやってみてください

回数は無理のない程度で大丈夫です

 

血流の改善は、体温を上げることにもつながります

1℃の体温上昇は、基礎代謝を12%もアップさせると言われており

体温を上げることは、免疫力を上げることにつながります

 

日々の中で

自分の体をいたわって、大事にしてあげる

そんな時間を作って、良い一日にしていきましょう

 

ぜひ、

やってみてくださいね!