【抜け毛が気になる〜改善ポイント③切れ毛対策】

 

抜け毛とは、髪が根元から抜けることを言いますが、

 

落ちている髪の毛の中には「切れ毛」も混ざっています

 

 

髪が切れやすくなる事例としては、経験上大きくは3パターンです

 

今回は、中身の栄養の問題はひとまず置いておいて、外側からの髪へのストレスで切れやすい原因をあげます

 

① 紫外線を浴びすぎている
② 強い薬剤の影響を受けている
③ 髪を乾かさずに寝ている

 

ⅰ)紫外線の影響は、年々強くなっており、カラーの色落ちにも影響しています

 

紫外線を浴びすぎている髪は、乾燥しがちで、水分が少ないと切れやすくなります

 

紫外線はご存じのように、夏だけでなく3月から強くなり始め、曇りの日も地表まで降り注いでいます

 

日傘や帽子、髪の日焼け止めなどの対策を心がけたいところです

 

ⅱ)強い薬剤とは、ブリーチや縮毛矯正の薬剤が強い部類に入ります

 

あと、ホームカラーもです

 

ホームカラーは、薬液として強いというよりも、アルカリ剤が髪に残りやすい構造になっており、

 

アルカリ剤を含んだ髪は、きしみやすく比較的切れやすくなります

 

ホームカラーのあとは、酸化をさせる工夫があると良いです

 

ブリーチや縮毛矯正も、髪をキレイにしながらやることが大事です

 

トリートメントだけでは追いつかないことも多々ありますので、専門的なケア剤で処置することがオススメです

 

ⅲ)髪が濡れたままだと、キューティクルが開いたままになっています

 

キューティクルが開いたまま寝て、髪が枕にこすりつけられると、

 

切れやすい状態になりますので、乾かしてから寝ることがオススメです

 

髪がこすりつけられない状態ならば、寝ても大丈夫かと思います

 

ちょっと難しいかもしれませんが…笑

 

以上、抜け毛の前に、今回は切れ毛への原因と対処をお伝えしてみました

 

人為的に避けられることもありますので、ご参考になさってください