髪質改善➂ カラーで頭皮がしみる~Mさまの場合

CRESE BLOG

髪質改善➂ カラーで頭皮がしみる~Mさまの場合

ヘアケア

《お客さまからの声は、こちらの⇒【口コミ】をご参考に!》

 

美容室クレセ・代表の柏倉です。

 

【Mさまのメニュー:カット+カラーリング+トリートメント】

 

Mさまは、カラー剤が頭皮についたときに「ピリピリと」しみるとのことでした。

それでいつもは「ヘアマニキュア」をされていましたが、色が落ちて明るくなってくる時期が早いことが気になるとのことでした。

「ヘアマニキュア」は、言わば強力な絵の具のようなもので、化学的な変化を伴わないため、髪自体に負担はなく、頭皮には一切つけません。

頭皮につくと、頭皮がその色に染まるため、原則頭皮にはつけずに塗ります。

ただ、表面に色をのせているので、少しずつ剥がれてきて変色するという面があります。

 

対して、普通のカラーは、キューティクルを開いて染料を中に入れるため、化学的な反応を伴います。

その化学物質や、染料に含まれる成分が「ピリピリ」の原因になっています。

当サロンには、キューティクルを開くために必要な「アルカリ成分」が10分の1に抑えられている「ハーブカラー」というカラーがあります。

ハーブカラーを選択して、しかも頭皮にほとんどつかないように施術をすれば、頭皮への負担は軽く、色持ち自体は良くなります、とご説明しました。

 

そのようにカウンセリングをさせていただき、一度ハーブカラーをお試しいただくことになりました。

結果は、「ピリピリ」は感じることなく、色味にもご満足いただきました。

 

後日に拝見した感じでは、ヘアマニキュアよりは、色落ちせずに済んでおりました。

ただし、色落ちの度合いは、毎日お使いいただくシャンプーを変えることで、さらに改善していただくことができます。

初回には、サンプルをお渡ししてお試しいただきました。

 

二回めにご来店時には、少し頭皮が「ピリピリ」されるとのこと。

かゆくて掻いた部分かも知れないと仰っていましたが、次回以降は頭皮に全然つかないように注意を払って塗布します。

色落ちにつきましては、今後様子を見ながら、ご提案をしていきたいと思います。

 

 

これからも、長いスパンでお客さまの髪質と頭皮をケアしていけるように、ご提案していきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。