間違ったホームケアによるダメージ|灘区で美容院をお探しなら | 灘区の美容院CRESE(クレセ)

CRESE BLOG

間違ったホームケアによるダメージ

ヘアケア

美容室クレセ代表・柏倉の妻のトモコです。

時々、店に手伝いで出入りさせていただいる主婦です。

 

今日は、「老けて見える髪」の原因の二つ目、「間違ったホームケアによるダメージ」

についての原因と対策をお伝えします。

 

 

 

 

では、早速!

Q なぜ、間違ったケアでダメージが起こるの?

 

 原因 ①   シャンプー 洗浄成分に注目!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーに含まれている洗浄成分によっては、髪に与えるダメージが大きいものがあります。

そのため、キューティクルの損傷やタンパク質の流出を招くことも。

 

→私は、CRESEで扱っているCOTAシャンプーを使うまでは、その洗浄力の強いものを

使用していたようでパサついた髪でした。

私にわかりやすく説明するためスタッフから「食器洗剤で洗っているようなものよ!」

と言われ、衝撃的でした(^-^;

油まみれの食器やお鍋を洗っている洗剤と同じと考えれば、パサつくのは当然出すよね。

しかも、洗浄力が強いと、カラーやパーマも長持ちしないんですって(>_<)

 

 

 

 

 原因 ②   トリートメント  補修成分が入りにくくなることも

 

 

コーティング作用の強すぎるトリートメントを使うと、浸透させたい補修成分が髪の内部に

入りにくくなってしまうことがあります。

→浸透しにくいということは、カラー剤やパーマ剤も同様のことが言えます。

すぐにカラーの褪色が起きたり、パーマがかかりにくい、とれやすい髪になってしまいます。

折角、きれいな色になったり、雰囲気よくしてもらったパーマが長持ちしないなんて悲しいですよね(;^ω^)

そう言われれば、私はCOTAを使うようになって、ストレートパーマをあてる間隔が延びました(*’▽’)

逆にコーティング作用が全く入っていないトリートメントを使っている人も、パサパサでガシガシで、

ブラシが通りにくい髪質になるそうです。

 

 

 

 

 原因 ②   洗い方  残留した汚れで頭皮環境が悪化

 

 

間違った洗髪方法を続けていると、頭皮に汚れが残留してしまい、

健康な髪が育ちにくくなるおそれがあります。

→残留した汚れは、毛穴を塞ぎ、髪は抜けやすくなります。

毛が生えて抜けるサイクルを毛周期と言います。このサイクルは6~7年ですが、

それよりも早く抜ける毛が多くなると、次第に薄毛になっていきます。

薄毛はヘアサイクルの変化によって、次第に進行してきます。

そうなる前に、日々のケアが大切なんですね(*^▽^*)

 

 

 

 

老け見えSTOP

髪にやさしく&清潔さをキープ

 

 

①シャンプーの方法を見直す

 

 

 

シャンプーは、予洗い+本洗いの「2シャン」がおすすめ。予洗いでは、ホコリや皮脂汚れを落とし、

本洗いで頭皮をしっかり洗い上げましょう。頭皮環境を清潔に保つことが、健康で美しい髪の成長に

つながります。

また爪を立てずに、指の腹を使って洗うことも大切です。

 

 

 

②髪にやさしい成分を配合したヘアケア製品を

 

 

シャンプーなど毎日使うヘアケア製品は、髪のダメージの少ないものや、

髪にやさしい成分のものを選ぶようにしましょう!

当店おすすめの商品はこちらから → COTAアイケアシャンプー&トリートメント

 

 

コーティング作用の強すぎるトリートメントの使用しているけれど、

カラーやパーマを長持ちさせたい方は、デトックススパを施術前にお薦めします!

コーティング剤を除去してから施術してもらうと、頭皮も髪もキレイになれます(^^♪

 

 

初めての方には、キレイになった髪を少しでも長く持続していただきたく、

シャンプー&トリートメントのサンプルを差し上げております。

シャンプー選びの参考にしてくださいね!

 

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。