「老けて見える髪」ってどんな髪?|灘区で美容院をお探しなら | 灘区の美容院CRESE(クレセ)

CRESE BLOG

「老けて見える髪」ってどんな髪?

ヘアケア

美容室クレセ代表・柏倉の妻のトモコです。

時々、店に手伝いで出入りさせていただいる主婦です。

 

今日も、店頭にあるお客さまにご自由にお持ち帰り頂ける冊子から、

髪のエイジングサイン「老けて見える髪」についてお伝えします。

 

 

 

髪が見た目年齢にどれだけ影響を与えるか、意識されたことはありますか?

私は、肌には見た目年齢ってあると感じていますが、髪もあるみたいですよ!

 

 

下のイラストと画像を見比べてください。さてどちらが若々しく見えますか?

パサついて広がりやすい髪の方が、「老けた印象」に見える気がします。

皆さんは、どう思いますか?

 

 

この冊子には、こんな風に書かれていました。

髪は印象を大きく左右する!

長さのあるヘアスタイルの場合、髪全体の量が多く、顔まわりを占める髪の割合が

大きいため、見た目の印象を大きく左右する重要な要素になります。

 

 

 

では、髪のエイジングサイン「老けて見える髪」ってどんな髪なんでしょうか?

1・ハリ・コシがない

□根元がペタッとなる。

□夕方までスタイリングをキープできない

□髪を結んだ跡がなかなかとれない

 

2・ツヤがない

□天使の輪がない

□枝毛が目立つ

□切れ毛が多い

 

3・まとまりがない

□毛先が絡まる

□毛先がひろがる

□服を脱いだ時に静電気でひろがる

 

以前の私は、どれも当てはまっていました・・・(/ω\)

 

髪のハリ・コシ・ツヤ不足、ひろがりといった「エイジングサイン」は、日々のダメージの

積み重ねによって悪化・加速してしまうそうです。ダメージの原因を知り、しっかりと対策を

とることが、若々しい印象のキープにつながるんですって(*´▽`*)

 

ダメージには次の4点が挙げられていました。

摩擦によるダメージ

日光によるダメージ

髪も、紫外線からダメージを受けるんです!のブログを読んで下さいね!)

ホームケアによるダメージ

熱によるダメージ

 

次回からは、これらのダメージを食い止めて若々しい印象をキープする秘訣を

ご紹介していきますので、楽しみにしてくださいね(^_-)-☆

 

上記の項目によるダメージなら、「どうせ私の髪質は・・・」なんて諦めないで

原因と対策で若々しい髪質にしませんか?

私の髪は、どうしようもなかったのですが、スタッフのアドバイスにより

随分キレイになりました(≧▽≦) 今も、時々相談に乗ってもらっています。

皆さんもぜひ、CRESEにいらした時は、髪の悩み、何でもご相談くださいね☆

解決策を教えて貰えますよ(#^.^#)

 

皆さまのご来店、心よりお待ちしております☆