【白髪と付き合う①なんで白髪になる?】

 

白髪を顕微鏡で見ると、白ではなく透明になっています

 

それが光に反射して、白く見えています

 

本来は、毛根のメラノサイトというところで、メラニン色素が作られて、髪の色になっています

 

このメラノサイトが働かなくなった毛根から生えてくる毛が、色なしの透明毛、つまり白髪になります

 

メラノサイトが働かなくなる原因は、遺伝子が故障してしまうことにあるようですので、

 

遺伝子研究が進めば、いずれ白髪が薬で治る日が来るかもしれない、とも言われています

 

白髪染めは、透明の毛に、人工的に作った擬似メラニンを入れて、色をつけています

 

本来は透明ですので、だんだんと色が抜けて、白髪に戻る可能性もあります

 

白髪染めは、中に色を入れるタイプと、もう一つは髪の表面に色をつけるタイプがあります

 

髪の表面に色をつけるタイプは、マニキュアといい、これは化学反応を伴わないので、頭皮にトラブルがある場合に使用したりしますが、

 

マニキュアは表面に色をつけてるだけなので、中に色を入れるタイプよりは色落ちは早くなります

 

実は白髪は、元の黒髪に戻る可能性は、ゼロではありません

 

そのお話は次回に